床置き型ウォーターサーバーのメリット

いつでも新鮮なお水を飲むために

最近、よくデパートや量販店などで見かけるウォーターサーバーですが、どんな種類があるのかご存知でしょうか?購入・レンタルを検討される上で、重要となってくるのが卓上型or床置き型どちらを選ぶかだと思います。 新鮮で美味しいお水を飲むために、ウォーターサーバーを導入したのにちょっと想像と違っていた。なんてことにならないように、それぞれの特徴をまとめていきます。 まず床置き型です。ウォーターサーバーと聞いて頭に浮かんでくるのは、このタイプでしょう。高さは約100~120cmくらいです。大体、大人の胸の位置くらいの高さになります。床に直接置いて置くものになり、大きさは縦×横で30cm四方が多いです。(メーカーにより異なります) 次に、卓上型ですが文字通りに「卓の上に置くタイプ」です。高さは約50~70cm、縦×横は床置き型とほぼ変わらないものになります。

ウォーターサーバーを設置する上で

前述の通り、縦×横の大きさはほぼ変わりはありませんが、置き場所が床になるか卓上になるかの違いです。卓上に置く際には、設置場所に関しては、あまり気にせずに置くことが可能です。しかし、床置き型はスペースを取るために、置き場所に工夫が必要となってきます。

しかしながら、床置き型が主流となっているのはなぜでしょうか?卓上設置の場合テーブルの高さ約70cm前後が一般的です。その上に、設置するために実質的な高さは120~150cm前後になります。水を交換する際には、その位置まで水をあげなければなりません。女性の場合は頭の位置くらいまで重さ約8~12kgのお水をあげるのは大変です。

毎日飲む水、頻繁に交換する水だからこそ作業性が重要になってくるかもしれません。

以上の点を踏まえて、ウォーターサーバーを購入・レンタルする際には参考にしてください。