床置き型ウォーターサーバーの特徴

万が一の時でも安心の安定感

床置きウォーターサーバーの大きな特徴の一つが環境や状況に左右されない安定感です。床置きは文字通り地面にしっかりと足をつけた形状となっていることでしっかりと安定するのが特徴です。テーブルや台の上に設置する卓上型の場合、大きな揺れを引き起こす地震の時に転倒してしまうことも考えられます。床置きであればこうした万が一の時でも影響を受ける心配がありません。
災害以外にも、自宅でサーバーを使っている人の中には、小さいお子さんや飼っているペットが家の中で走り回ってサーバーに接触をして倒してしまうという事例は少なくありません。こういったケースでも床置きであれば接触による転倒でサーバーを壊してしまったり怪我をする心配がなくなります。

水の交換が比較的容易にできる

ウォーターサーバーを利用する上で誰しもが頭を悩ませるポイントの一つが水の交換です。ウォーターサーバーはメーカーや商品によってそれぞれタイプが異なるとはいえ、タンクの容量は平均10L前後と大容量になっています。成人男性であれば特に問題はありませんが、女性が一人で交換をする場合、苦労をするのは否めません。近頃は床置きタイプの中にも、ボトルが下置きタイプのものも存在します。タンクが低い位置にあるので、交換をする時に持ち上げる必要がなく、安全かつ容易に交換することができるのが特徴です。 一般的に床置きのサーバーは卓上に比べて大容量の物が多くお得に使えるのも特徴とされています。この時に交換をすることを想定して容量が少ないタイプを選べば腰に負担を掛けることもなくなるのでおすすめです。